FC2ブログ

Re*ether ~リエーテ~

横浜の緑あふれる街にある、ちいさなアロマセラピー&カウンセリングサロンのセラピストのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋から冬へ~東洋医学的ケア~

紅葉も終わりに近づき、木枯らしが吹く季節。
もうすぐ冬の到来ですね。

新潟は冬でも除湿機が必要なくらい、空気が潤っているのですが;
少なくとも関東はそうはいきません><
秋から冬にかけての空は青く澄みわたってきれいなのですが、
空気が乾燥し、気温が低下することにより
「燥邪」と「寒邪」が入りやすくなります。

「燥邪」によってダメージを受けやすい臓器は「肺」、
そこから栄養を受けとる部位は「皮膚」だとされています。
「肺」は清さと潤いを好むので、冬が近づくにつれ
皮膚や粘膜の潤いを大切にすることがカギとなってきます。

また、「寒邪」によってダメージを受けやすい臓器は「腎」、
そこから栄養を受けとる部位は「骨」だとされています。
(”骨身にしみる寒さ”とはよく言ったものです。)
「寒邪」は、「腎」にある生命活動の源である熱エネルギーを傷つけ、
冷えや痛みを容易に引き起こすと考えられています。

さらに年末年始になると忘年会やパーティーなど、
暴飲暴食を余儀なくされる機会も多くなりがち・・・。
すると「肝」や「脾」にも負担がかかり、
代謝・消化・免疫力の低下により
感染症などにかかりやすくなってしまうのです。

秋から冬にかけての健康のカギとなるのは
身体にうるおいを与えることと、芯から温めること。

食材では、唐辛子、生姜、胡椒、山椒、シナモン、味噌、
生のにんにく、かぶ、にら、しそ、たまねぎ、長ネギ、かぼちゃ、
はちみつ、えび、鯛、ぶり、鶏肉、黒砂糖、黒豆などを

精油では、ローズマリー、ジンジャー、シナモン、
スイートマージョラム、ブラックペッパー、フランキンセンス、
ティーツリー、ユーカリ、サンダルウッド、シダーウッドなどを
摂りいれる(用いる)と良いでしょう♪

質も温度も、あったか~い大地からの贈り物で
寒い冬に備えましょう^^

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
***

カウンセリングルーム『心のるねさんす』のカウンセラーとして、
またアロマリラクセーションサロン『Re*ether』のセラピストとして、日々、精進を重ねています。
アロマや癒しのこと、そのほか日々感じたことなど、いろいろ綴っていきたいと思います。
下のカテゴリからそれぞれのページへどうぞ♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。