FC2ブログ

Re*ether ~リエーテ~

横浜の緑あふれる街にある、ちいさなアロマセラピー&カウンセリングサロンのセラピストのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜スープ

11月・・・そろそろ寒ーい季節の到来ですね。
先日、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
例年たいした副作用も出なかったのですが
今年は疲れていたのか、悪寒と発熱が・・・T T
それから毎朝、生姜スープを飲むようにしています。

生姜スープ

☆ とろーり生姜スープ ☆

材料 ・・・すりおろし生姜
      ねぎ
      たまご
   
      出汁
      片栗粉
      しょうゆ

1.なべにお湯を沸かし、出汁をいれる。
  隠し味にしょうゆを少量いれる。

2.たまごをといて、スープをかきまぜながらいれる。
  刻んだねぎもいれて、
  最後に片栗粉でとろみをつける。

3.カップ(お椀)にすりおろした生姜をいれ、
  そのうえにスープをそそいで出来上がり!


風邪、寒気、冷え、吐き気、食欲不振、貧血、口の渇きなど
冬に崩しがちな身体をいたわってくれるスープです^^
にんじんやニラ、鶏肉をいれても◎。
春雨をいれれば、おなかも満足なダイエット食になりそうです♪

一般に生姜湯といえば、甘い飲み物のイメージですが
中国ではスープ=湯(たん)、とろみのあるスープ=羹(あつもの)となるそうなので
これはこれでいいかなと^^
もちろん、はちみつや黒砂糖、りんごをいれた生姜湯や生姜紅茶も
甘くておいしいです♪

また、これは余談ですが・・・

昔、中国から「羊のスープ(羹)」が日本に伝わってきたとき、
羊を含む獣肉を食べる習慣が日本では一般的ではなかったため
(とくに僧侶などは禁じられていた)、
羊のかわりに小豆をいれ、味を調えるために甘さを出して・・・と
アレンジを加えていった結果、
「ようかん(羊羹)」が出来上がったのだそうです^^

まったく違うものになったのに、名前だけはそのまま、なあたりが
おもしろいですよね(笑

ちなみに羊羹は身体を冷やす食べ物なので
夏に食されることが多いのだそうです。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
***

カウンセリングルーム『心のるねさんす』のカウンセラーとして、
またアロマリラクセーションサロン『Re*ether』のセラピストとして、日々、精進を重ねています。
アロマや癒しのこと、そのほか日々感じたことなど、いろいろ綴っていきたいと思います。
下のカテゴリからそれぞれのページへどうぞ♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。