FC2ブログ

Re*ether ~リエーテ~

横浜の緑あふれる街にある、ちいさなアロマセラピー&カウンセリングサロンのセラピストのブログです。

スポンサーサイト

隣の芝生が青く見えるときに

クライアントさんの悩みは千差万別。それでも、共通したものがいくつかあります。「同年代より、自分が劣っているように感じる。」「友達の結婚式に招待されることが多くなった。それにひきかえ私は・・・。」「他人のほうが、人生うまくいっているように見える。」比べて落ちこんだり、嫉妬したり。昔から「隣の芝生は青く見える」というように「誰かと(あるいは何かと)比べたがる心」も、私たちのなかにあるやっかいな癖のよう...

完璧になれば愛されると思ってた

子どもが、金魚のえさをこぼしてしまった。小さくてころころとよく転がるから、その子ひとりでは対処しきれず怒られるのを覚悟で母親に謝って一緒に片づけてほしいと願った。すると、いつもは怒りだす母親が、今日に限って怒らない。わざとやったんじゃない、とわかってもらえたのかな・・・。そう思った次の瞬間、「これが一度目だからね、でも次やったら許さないから。」*また、違うケースでは・・・門限を何分かすぎてしまい、...

こころの栄養

先週、猫のダヤンのミュージアムと日帰り温泉に行ってきました♪河口湖のほとりにある、瀟洒な佇まいの美術館。ダヤンシリーズは、絵本の短編と、長編シリーズのお話があって、キャラクターも猫のダヤン、ジタン、バニラ、わにのイワン、うさぎのマーシィー、枯れ木の門番ローク・・・と、ほのぼのとファンタスティックなのに読んでみると、SF的だったり哲学的な要素も盛りこまれていて、なかなかどうして深い深い・・・。でも、物...

魔物

「オリンピックには魔物がいる」そんな言葉がありますが、魔物=自分がつくりだしたものだ、という特集がありました。周囲の期待に応えようとする心が、過度の緊張になってしまう。意識しなくていいものに意識を集中してしまい、それから逃れようとしても、かえって気になってしまう。アメリカで行われた臨床実験では公園にきた親子連れを対象に、親を子から離して、遠くにある小屋から見守ってもらうことにする。親は子供がケガを...

見えない傷

絵を描けない女の子がいた。上手だとか下手だとか、そういうレベルではなくお絵かきの時間で何か画用紙に描かなくてはならないのに「描けない」。本人に尋ねても理由はわからず、両親に尋ねても思い当たる原因はない。そこで催眠療法を行った。すると、原因となった「光景」を彼女は思い出した。まだ物心もつかないころ、床で座ってお絵かきをしていて誤ってクレヨンを床にもひいてしまった。母親はそれを叱りつけ、彼女の頭をかる...

左サイドメニュー

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
***

カウンセリングルーム『心のるねさんす』のカウンセラーとして、
またアロマリラクセーションサロン『Re*ether』のセラピストとして、日々、精進を重ねています。
アロマや癒しのこと、そのほか日々感じたことなど、いろいろ綴っていきたいと思います。
下のカテゴリからそれぞれのページへどうぞ♪

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。